幼稚園・保育園の園児獲得の鍵はホームページ?保護者が安心できるように情報提供!

幼稚園・保育園の園児募集のヒント

保護者が安心してお子様を預けられるように、幼稚園・保育園は様々な情報を発信する必要があります。その手段として、「ホームページ」の利用が考えられるでしょう。
ホームページを通じて、幼稚園・保育園が取り組んでいる感染症対策や保育の計画展開を公表すれば、どのような環境で園児を育てているのか、把握してもらえます。
具体的に、幼稚園・保育園がホームページを作成する必要性や目的について解説していくので、参考にしてみてください。

幼稚園・保育園が情報提供する手段としてホームページが必要な理由

幼稚園や保育園側が、保護者に対してホームページを利用して情報提供する意味とは、どんなことが考えられるでしょうか。園がホームページを作成し、情報発信する必要性について解説していきます。

幼稚園・保育園の存在を知らない人に情報発信できる

子供を入園させようと考えている保護者の中には、どのような園が存在しているのか把握していない人も多いです。子供の教育環境、保育内容など、保護者としては知りたい情報も、園側が情報発信しないと理解してもらえません。情報を保護者に伝えるだけで、信頼できる園であることが判断できるようになります。その情報発信の手段として、ホームページは重要な役割を担ってくれるのです。保育の計画や保育士の評価など、詳しい情報をホームページに掲載することで、保護者の方は安心して園を信頼してくれるようになるでしょう。 実際に厚生労働省から、ホームページで保育の自己評価を保護者や地域に明らかにする方法として、ホームページを推奨する内容の文書が公表されています。 厚生労働省「保育所保育指針解説66P」

幼稚園・保育園の特長をアピールできる

他の園と差別化するための手段として、ホームページを利用する方法もあります。感染症対策は、どのような対応を取っているのかなど、保護者の方が見て納得する内容なら信頼感も増すでしょう。
 
【幼稚園・保育園のアピールできる特長】
・感染症への対策
・感染症の疑いのある子供への対応
・感染症に留意した遊びの工夫
 
また厚生労働省では感染症の疑いがある場合、出席停止期間の算定なども考え方を公表しています。その考え方も含めて、子供の体調不良に対してどのような対策を行っているのか、ホームページ上で説明すれば園の特長をアピールするきっかけになるでしょう。 

幼稚園・保育園で働きたい人の注目も集められる

幼稚園・保育園がどのような環境なのか、園で働きたい人も関心を持っています。特にインターネットを利用する機会が多い、20代~30代の人はホームページで就業先の園を探している人もいるでしょう。
 
文部科学省のデータでは、幼稚園教員は30歳未満が最も多いと結果が出ています。そのため、ホームページを作成すれば園で働きたい人に対しても、必要な情報を発信できる可能性があるでしょう。
参考:文部科学省 幼稚園等に関する基礎データ

何を意識して幼稚園・保育園のホームページを作成すべきなのか?

幼稚園・保育園のホームページを作成する場合、目的意識を持つことが大切です。どのようなことを意識すべきなのか、詳しい内容を紹介していきます。

幼稚園・保育園の情報が知りたいのは大人

幼稚園・保育園がどのような教育環境なのか、知りたいのは子供ではありません。保護者や就業を希望する大人が園について知りたいと考えているので、大人に向けたホームページ制作が肝心です。
 
ただ園の情報を記載するのではなく、他の園と比較して安全性の高さなど、特長を細かくホームページに記載しておきましょう。
 
子供が安全に過ごせる理由や園の保育計画など、大人が安心できる内容をホームページに掲載する必要があります。

幼稚園・保育園のホームページ作成は何のためか目的をハッキリさせる

ホームページ作成は、保護者が安心して子供を任せられるようにアピールすることが目的なら、感染症対策や保育計画などをホームページに掲載する必要があります。
園で働きたい人を集める目的なら、幼稚園教諭や保育士に向けた園の特長をアピールするなど、目的に合ったホームページ作成を心掛けることが大切です。
なぜホームページを作成するのか、事前に検討した上でホームページの内容を決める必要があります。

幼稚園・保育園の印象を強く残したいなら動画作成も必要

ホームページ内でテキストのみでも、どのような園なのかイメージ付けはできるでしょう。ただ他の園と比較した中で、強く印象に残すためには動画を掲載することも重要です。
動画で子供が園で遊んでいる様子や感染症対策を行っている様子などを映せば、保護者が園を身近に感じることができます。
また実際に働いている幼稚園教諭や保育士の話を動画として配信すれば、園で働きたい人の参考になるでしょう。
状況に応じて、ホームページだけでなくYouTubeチャンネルを作成し、動画配信することも検討してみてください。

幼稚園・保育園のホームページで感染症対策を発信する重要性

保護者が安心して子供を任せられるように、園のホームページでは感染症対策について、情報を発信する必要があります。
どのような情報を発信すれば、保護者が納得してくれるのか、感染症対策の事例をいくつか紹介していきましょう。

感染症対策を意識した遊び場所での工夫

園では子供が安全に遊べるように、独自の感染症対策を講じているケースが多いでしょう。どのような工夫を行っているのか、保護者が安心できるようにホームページで情報発信する必要があります。
例えば遊びコーナーは密接させず、いくつかに分け、換気を良くした環境で遊べるなどが考えられるでしょう。実際に、幼稚園が行っている感染症対策に関する遊び場所の工夫などが文部科学省から公表されています。どのような感染症対策であれば、保護者が安心できるのか参考にしてみると良いでしょう。 参考:厚生労働省「新型コロナウイルス感染症対策に留意した遊びの工夫」

感染症対策を意識した衛生管理の徹底

子供が触れる場所の衛生管理が徹底されているかどうかなど、保護者が心配する部分はたくさんあります。その中で、うがいの徹底や消毒が正しく行われていることをホームページで掲載すれば、保護者の信頼を得るきっかけになるでしょう。
園独自で行われている衛生管理の内容は様々あり、文部科学省のサイトではいくつかの事例が紹介されています。どのような衛生管理を行えば良いのか、参考にしてみてください。 参考:厚生労働省「幼児の発達の特性を踏まえた衛生管理に関する工夫」

幼稚園・保育園のホームページ作成はどこに依頼すべきなのか?

保護者や園で働きたい人に向けてホームページを作成する場合、どこの会社に相談すれば良いのか迷う方も多いでしょう。依頼する上で、会社の選び方を紹介していくので参考にしてみてください。

幼稚園・保育園からの依頼実績が多い会社

ホームページ作成を依頼するなら、他の幼稚園・保育園から信頼されている会社に相談するのが良いでしょう。実績多数の会社であれば、ホームページ制作のノウハウを持っているので、安心して依頼できます。

依頼する前に、どのような実績を持っているのか確認しておくことも肝心です。

トラブルが発生した時でも対応してくれるサポート力

初めてホームページを作成した場合、何らかのトラブルが発生した時に速やかに対応できないと、周囲の信用を落とす結果に繋がります。
対応が後手に回らないためにも、トラブルが発生いた時でも手助けしてくれるサポート力を持った会社にホームページ作成を依頼することが肝心です。

簡単に更新できる手段を提案してくれる

幼稚園・保育園のホームページを作成した後、保護者にお知らせしたい内容を更新することもあるでしょう。その時に、簡単に更新できる手段がないと、手間がかかりホームページの運営が疎かになってしまう恐れがあります。

例えばスマホで更新できるなど、いつでもどこでもホームページ更新できれば便利です。

依頼する会社によってホームページの利用方法などは異なるので、運営することを意識した上で依頼する会社は選びましょう。

動画など情報発信できる手段をいくつも持っている会社

幼稚園・保育園の情報をホームページで共有できることは重要です。ただより園の魅力を知ってもらうためには、動画などの情報発信できる手段を持っていた方が良いでしょう。

そのためにも、ホームページ作成だけでなく動画配信の実績がある会社に相談することも大切です。

幼稚園・保育園のホームページで保護者が知りたい情報

園のホームページを作成する中で保護者が知りたい情報がないと、園のアピールには繋がりにくいでしょう。意味のあるホームページ作成を実現するためにも、保護者が知りたい情報とはどのような内容なのか把握しておくことが肝心です。

具体的な幼稚園・保育園の位置情報

ホームページを見ている保護者は、入園することを視野に入れて閲覧しています。そのため、園の具体的な位置情報がわかる地図などを掲載しておく必要があるでしょう。

周囲に目立つ建物があれば一緒に掲載しておき、場所を特定しやすいようにしてください。他にもバスが出ているなら、どこから乗れるのか明確に記載した方が親切です。

幼稚園・保育園の建物の全体像や設置遊具など

子供を入園させるなら、幼稚園・保育園はひと目見ておきたい保護者が多いです。見学しやすいように、ホームページでは建物の全体像がわかる写真を掲載しておいた方が良いでしょう。

建物の雰囲気がわかれば、足を運んだ際にどの園なのか判別しやすくなります。

また子供が遊べる遊具などは、どのような物があるのか、写真を掲載しておきましょう。子供が楽しく遊んでいる姿も一緒に掲載しておけば、園の印象も良くなります。

在籍している幼稚園教諭や保育士

子供を安心して任せられるか判断するためにも、どのような幼稚園教諭や保育士が在籍しているのかホームページに掲載しておきましょう。

在籍している人の様子がわかれば、保護者も警戒心が少なくなり、安心して入園してもらえます。

可能であれば幼稚園教諭や保育士の特長なども掲載しておけば、保護者も親近感が湧くでしょう。

幼稚園・保育園のホームページを作成する時に注意したいポイント

保護者や園で働きたい人に向けてホームページを作成する場合、ただ情報を掲載するだけでは不十分なケースもあります。
ホームページを作成する上で、注意しておきたいポイントをいくつか紹介していくので、参考にしてみてください。
どこの園でも、独自の感染症対策は実施しています。そのため、ホームページに「感染症対策を実施」と掲載しても、それほど有益な情報発信とは言えないでしょう。
感染症対策として、遊び場所を分散させているなど、具体的な内容を掲載させる必要があります。
保護者が安心できる園であると情報発信するためにも、掲載できる内容は細かく伝えるようにしましょう。

園のホームページに、子供が遊んでいる姿を掲載したいケースもあるでしょう。その時に注意しておきたいのが、保護者の了承も得ずに掲載するのはトラブルに発展する恐れがあるという点です。
 
必ず写真を掲載する際には、保護者の了承を得る必要があるので、確認を撮っておきましょう。後ろ姿などでも問題となるケースもあるので、少しでも映っている場合には了承を得る必要があります。
 
また子供の安全性の観点から、写真の掲載を断られることもあるでしょう。その時には無理してお願いするのではなく、保護者の意見を尊重してあげることが肝心です。
園のホームページに、子供が遊んでいる姿を掲載したいケースもあるでしょう。その時に注意しておきたいのが、保護者の了承も得ずに掲載するのはトラブルに発展する恐れがあるという点です。

幼稚園・保育園のホームページを見る際には、携帯を利用する方もいるでしょう。そういった人のニーズに対応するため、携帯に対応したホームページ作りを行う必要があります。

 

パソコンのみに対応したホームページを作成すると、携帯の画面では見づらい可能性があるでしょう。携帯での閲覧を意識した上で、柔軟に対応できるホームページ作成を行う意識が肝心です。

幼稚園・保育園のホームページは保護者が安心するために必要

大切な子供を任せるなら、信用性の高い幼稚園・保育園に預けたいというのが保護者の気持ちです。ホームページで情報発信すれば、園の雰囲気が伝えられるため、安心してもらえる材料となるでしょう。

また状況に応じて、動画配信も混ぜて情報発信すれば、より園の印象を強く残せます。

保護者の信用を得るためにも、ホームページ作成を検討してみてください。

■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
園の魅力を動画・WEBを活用して支援
園サポ!運営事務局
住所:東京都文京区本郷1-33-4 ヘミニス1-4F
電話番号:03-3868-0017
FAX番号 :03-3830-0331
URL     :https://www.en-support.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □
ご予約 お問い合わせはこちら
pagetop